MDからCDへのダビングについての専門サイトです。。

MDからCDへのダビング方法とは

1990年代にみんな使っていたMD。
しかし、再生機材が販売されておらず、CDにダビングした方が合理的と言えます。

そこで今回は、MDからCDにダビングする方法について記載してみようと思います。方法は大きく分けて3つあります。

1:MDコンポとレコーダーを使ってダビングする

準備するもの:MDコンポ (デジタル出力可能なもの)、業務用CDレコーダー
メリット

・トラック分割がそのまま反映される
・音質劣化が少ない
・簡単で安定している

デメリット

・デジタル出力できるMDコンポは非常に限られている
(アナログだとトラック分割が反映されず、音質もかなり劣化する)

・機材導入費に7~8万円かかる
・ダビングに実時間がかかる (80分MDはダビングに80分かかる)

ダビング方法

・MDコンポの出力端子とレコーダーの入力端子を接続する

2:MDウォークマンを使ってダビングする

準備するもの:MZ-RH1 (Hi-MDウォークマン)

メリット

・トラック分割がそのまま反映される
・音質劣化がない
・MD1枚あたり10分でダビングできる

デメリット

・必要なソフトがもう手に入らないので、独自に入手を要する
・価格が7万円前後する
・劣化したMDは読み込めないことがある

ダビング方法

SONYが提供するXアプリというソフトでワンタッチダビング。
ただ、このソフトの提供は終了しており、独自に入手することが必要。

3:ダビングサービスを利用する

自分でダビングする場合、機材や道具を揃えたりと色々大変ですが、
MDからCDへのダビングサービスを利用するという方法もあります。


以上参考にしたサイトは、MDからCDへのダビング方法、MDからCDへのダビング方法2、MDからCDへのダビングについての疑問、MDからCDにダビングしてみました、MDからCDMDからCDなどでしょうか。
Copyright(c) All Rights Reserved.